5つの不眠~2)食べ過ぎ不眠

 カテゴリー:不眠で悩んでいる方へ

5つの不眠~東洋医学~

2)寝苦しい不眠は、食べ過ぎが原因。

  しょちゅう寝返りをうつ
   夕食が夜遅い
   夜に食べ過ぎる

 

 

このタイプの場合、食べ過ぎで寝ている間も胃腸が働いています。

一日の終わりは、緊張がとけてほっとします。

家族との唯一のひとときでもあり、おしゃべりしながらつい食べ過ぎる。

あるいは、お酒をのみながらつい遅い時間まで食べてしまう。

テレビをみながら、「ながら食い」してしまう。

そんな習慣、心当たりありませんか?

 

夜は、ねるだけなので体はそんなにエネルギーは必要ありません。

食べた分は、消化するために胃腸はうごきっぱなし。

寝返りをうつのは、胃腸が脳に

「まだ仕事しないといけないから、起きといて!」と連絡し、

脳が、「よっしゃ。わかった~」と、体に動け~と指令を送るため。

じつは、寝返りをうつたびに目覚めに近い状態になって

寝たつもりでも、十分寝れてない・・・となるわけです。

では、対策は?

 

夕食を軽めにする。体の大掃除をする。
漢方 平胃散、五積散、桂枝加芍薬大黄湯、桃核承気湯

 

夜は、消化のよいおかゆやうどんで、さらーっとすます。

そして食べる時間を、自分が癒されるための時間に使う。

毎日の習慣の積み重ねが、3年後、5年後の体をつくります。

いつも忙しくしていると、

家族が寝静まったあとにしか、ゆったりする時間もとれず

結局寝る時間が少なくなって、充電切れで疲れやすくなってしまう。

体力も気力も低下して、代謝もおちて太りやすくなってしまう。

そんな悪循環を、勇気をもってやめるためには、

毎日の、ほんの10分でもほっとできる時間をつくってあげること。

「10分を自分のために使う」

そう決めるだけでいいのかもしれません。

 

 

次は、3)クヨクヨ不眠 です。

 

ハミング

泉由美子

 

 

最新セミナー・情報はこちら

症状別セルフケアのヒント

首・肩こり腰痛月経・更年期・自律神経の乱れ生活習慣改善・ダイエット美顔、小顔、エイジングケア

お電話で料金やメニュー等に関するご質問やご相談はこちらからお気軽にどうぞ。

お問合せフォームはこちらから

講師・講演依頼受付中

お問い合わせは、お気軽にお寄せください。
※講師料・講演料は、こだわりません。
※交通費の実費(遠方の場合は宿泊費)はご負担をお願いしております。

アクセスマップ

営業日・営業時間

10~18時(最終受付16時)土・日・祝 月2回営業します。ハミングは女性専門・完全個室・完全予約制です。必ず事前のご予約をお願いいたします。
予約空き状況  〇予約可能 ★予約終了

Facebook

LINE@始めました

LINE@ お友達追加
LINEで質問OK!
40代からのセルフケアのヒント配信中です

ラジオ出演しました

女性起業家応援インターネットラジオ女性起業家あるある情報局に出演。

セルフケアのヒントと鍼のお話をさせていただきました。
お話しの内容はこちらの記事にまとめています。

ラジオは「こちら」から聞いていただけます。

スマートフォンからは下記QRコードを読み取りご視聴下さい。