鍼灸師自らが体験した、冷えによるダメージとその解消法

 カテゴリー:冷えとうまく付き合うヒント

自分の心に素直になってみよう!

40~50代女性のための自分が出せる

からだ・美容鍼灸師 ハミングです!

11月に入り、気温がぐっとさがってきましたね。

朝晩と日中の寒暖の差があり、何を着ていいのか?悩みます。

・うっかり薄着ででかけると、夜寒くて風邪をひいた

・うっかり家で靴下はかず素足ですごしていたら脚が冷えていた

あなたは大丈夫ですか?

あなたの体は冷えていませんか?

女性の体は年中冷える環境にさらされています。

なので、「うっかり」をいかに意識して、からだを冷やさない工夫をしていくか?

これが冷え解消につながっていく!のですね。

では、具体的に何をしたらいいのか?お伝えしていきますね^^

その前に、私の苦い体験をシェアさせていただきます・・・

2018年の夏は、ほんとにほんとに暑かった!猛暑でしたね。

あまりの暑さに、私は「ダメだ~とわかっていても!」冷飲をたくさんしてしまったのです

(鍼灸師の不養生・・・(反省))

すると何が体におきたか?といいますと

・低体温

・月経の経血の量の変化

です!

36.8度だった基礎体温が、なんと!なんと!夏の2カ月の冷飲で

35・8度まで落ちてしまっていました!

まさか!と思ったのですが、ほんとです。

人間の体温は1度下がれば、免疫は30%落ちると言われています。

そして、がん細胞は、35度台のときにもっとも活発に増殖すると言われています。

それだけでなく、新陳代謝がわるくなるのでやせにくくなりお腹がぽっこりになり

美容の的でもあります。

ほんとに、驚きました!

それから私はスパっと食生活、生活習慣を変えました!

まず、冷えを解消するためにすぐできることがあります

・朝、起きたら白湯を飲む

・朝、30~40分ウォーキングをする

・夜、お風呂につかる

内側からのアプローチは

口に入れるもので、冷たいものはやめて温かいものを食べる

温かいものを食べると、心もほっこりになり副交感神経優位になってリラックスもできますね!

これを意識するだけでも変わります。

外側からのアプローチは

お風呂につかって体を温める

薄着をしない(重ね着や靴下をはく、3つの首を冷やさない(首、手首、足首))などです。

朝、ウォーキングをすると気分がよくなります。

それは、東洋医学的に説明すると、「気がめぐる」からです。

血のめぐりは、じつは気がめぐるから血がめぐるので(こことても大事なポイントです!)

血流アップのためにもウォーキングはとてもおすすめです^^

歩くと、第二の心臓といわれているふくらはぎが伸縮し

筋肉のポンプ作用で静脈が心臓に戻るのをたすけてくれますね。

この、「筋肉」も冷え解消にはなくてはならないお話です

(また機会みつけて書きますね^^)

まとめます!

鍼灸師が教える、簡単にできる冷えの解消法

・朝、起きたら白湯を飲む

・朝、30~40分ウォーキングをする

・夜、お風呂につかる

冷えが子宮や月経にあたえる影響の話、筋肉の話はまた次回お楽しみにしていてください!

 

写真は、有名な福島のおでんやさんの大根です~!

おでんがおいしい季節です^^

今日もあなたにとって心あたたまる一日でありますように。

 

最新セミナー・情報はこちら

お電話で料金やメニュー等に関するご質問やご相談はこちらからお気軽にどうぞ。

お問合せフォームはこちらから

アクセスマップ

営業日・営業時間

10~18時(最終受付16時)土・日・祝 月2回営業します。ハミングは女性専門・完全個室・完全予約制です。必ず事前のご予約をお願いいたします。
予約空き状況  ◎たくさん △わずか ★予約終了

Facebook

ラジオに出演しました

女性起業家応援インターネットラジオ女性起業家あるある情報局に出演。

セルフケアのヒントと鍼のお話をさせていただきました。

ラジオは「こちら」から聞いていただけます。

スマートフォンからは下記QRコードを読み取りご視聴下さい。