冷え症のためのアロマ

 カテゴリー:冷えとうまく付き合うヒント

一番心臓から遠い、末端の足先

どうしても血流はとどこおりがち。

いろいろな冷え症解消グッズや、体の中から温める食事、漢方などがありますが

ハミングでおすすめしている方法をご紹介します。

「筋肉」です。

原因は、おおきくこの2つ。

◎冷えている部分が原因

◎冷えている部分とつながっているの筋肉が原因

 

冷えている部分 足先 足指の間の筋肉、爪きわ
冷えている部分のつながり ふくらはぎの深部 内くるぶし~膝

 

つながりを感じながら、筋肉をほぐすのがコツです。

まずは、マッサージは苦手、面倒だ!という方のためには

「自分で動かす」編

1)足指グーチョキパー エクササイズ

できますか? 冷えている方は、足指が動かないケース、多いですよ。

足の指にも、手と同じ「水かき」があります。

水かきの付け根は、骨と筋肉があります。

その間の血行をよくするエクササイズです。

2)足首ぐるぐる回し エクササイズ

足首(内くるぶし、外くるぶしから下)だけを動かすのがポイント!

おおきく、右回し 10回、左回し 10回です。

左右とも、同じように大きく回っていますか?

きれいなマルをかけてますか?

案外、いがんだマルの方、多いですよ。

あなたはいかがでしょうか?

足首の筋肉は、じつはふくらはぎとつながっています。

足首を回すとき、ふくらはぎが動いてるのを感じれたらグー!

次は、マッサージでセルフケアーしたい方のために。

つぼは、「三陰交」です。

(場所は、内くるぶしから指4本上の骨際)

写真がなくてごめんなさい。

(つぼは、本でみてもわからない、という相談をよくうけます。

「つぼ講座」もそのうちできたらいいな~と思っています)

 

3)ふくらはぎのミゾ掃除マッサージ (痛いですよ~)

ふくらはぎは、3層構造になっています。

「私、お風呂でふくらはぎマッサージしてます!」という方は、

きっとふくらはぎの一番表面を触っていると思われます。

冷え解消のためには、骨に近い深いところの筋肉です。

「後脛骨筋」といいます。

その筋肉が血管を圧迫しているため、巡りが悪くなり、

よどんだ血液がいつも同じ足先をめぐっていて

細胞が酸素不足になって冷えている。

痛いのですが、気持ちいいです。

コツは、「骨際」です!

かたいところがあればやさしく、マッサージ。

やさしく!がポイントです。

三陰交から膝のシワまで、コリをさぐるようにマッサージ。

リンパの流れも一緒によくしたいので、

方向は下から上です。

(指圧・邪気はらいのときは、逆)

このときに、おすすめのアロマ精油があります。

・静脈のはたらきを活性化して血流をよくする作用

・滞り、うっ血を取り除く作用

を組み合わせます。

シナモン・カッシア

レモングラス

サイプレス

シダー

アロマの精油は、キャリアオイルといってオリーブ油やホホバ油などに混ぜてマッサージします。

(ブレンドする濃度についても書きたいのでうが、長くなるので

ここでは精油の種類ご紹介で終わらせていただきますね)

 

アロマの素敵なところは、「いい香りで、日常の空間がかわる」こと。

まるで森の中にいるような気分さえ、味わえます。

気分転換には最適!

気分に合わせたアロマで、さっと気分を切り替えられるところが私は好きです。

 

つづいては、最終回「冷えた心が 冷え症をつくる」です。

 

 

 

 

 

 

 

お電話で料金やメニュー等に関するご質問やご相談はこちらからお気軽にどうぞ。

お問合せフォームはこちらから

アクセスマップ

営業日・営業時間

10~19時(最終受付17時)土・日・祝 月2回営業します。ハミングは女性専門・完全個室・完全予約制です。必ず事前のご予約をお願いいたします。
予約空き状況  ◎たくさん △わずか ★予約終了

Facebook

Facebook