冷えとは?体の悲鳴

 カテゴリー:冷えとうまく付き合うヒント

4つの冷えタイプ~西洋的~ で、ピンとこなかった方のために。

より詳しく「冷え」について知りたい方のために。

今度は東洋医学的にみていきたいと思います。

****************

「冷え症」は、中医学では病名ではなく、「病状名」。

病状名とは、言葉をしゃべらない「体の声」です。

ときに、「体の声」は、悲鳴だったりします。

表面的に冷えを感じていても、その原因は?

体内のエネルギーや血液、水分や内臓の機能低下です。

東洋医学、中医学では

体の内側からのサインとして「冷え症」をみていくのが特徴です。

 

(寒いところにいたら、体が冷えた!という外側からの原因もあります。

今回は、それについては省略しますね)

 

体質だから、と冷え症をほっておくと、さまざまな体調不良や他の病気を引き起こすことにもなります。

「冷えてたら、温めたらいい」「たかが冷え」と思わずに

一度、じっくり自分の体と向き合ってみませんか?

原因を知れば、こわくありません。

まだ病気になっていないうちから、不安になることもありません。

原因は、身近なところにあります。

そう。

食生活や運動習慣、心の持ち方です。

心あたり、あります、よね?

原因を知れば、改善することが見えてくる!

対策がわかる!

楽しくケアして、より美しく健康になる!

 

ということで、

ザ!根本原因追求!

専門用語で説明するのは、他の先生方におまかせして

ハミング流に、わかりやすく説明していきたいと思います。

 

つづく

 

お電話で料金やメニュー等に関するご質問やご相談はこちらからお気軽にどうぞ。

お問合せフォームはこちらから

アクセスマップ

営業日・営業時間

10~19時(最終受付17時)土・日・祝 月2回営業します。ハミングは女性専門・完全個室・完全予約制です。必ず事前のご予約をお願いいたします。
予約空き状況  ◎たくさん △わずか ★予約終了

Facebook

Facebook