5つの不眠~1)浅い眠り

 カテゴリー:不眠のこと

5つの不眠~東洋医学~

1)浅い眠りは、エネルギー不足が原因。

   寝付きはいいけど、途中で目が覚める
   途中で目が覚めたら、なかなか寝れない
   寝ているけれど、ぐっすり寝た気がしない

 

 

このタイプの場合、関係している五臓は、「心と脾」です。

心は、精神や血液。生命エネルギーの中心。

脾は、いわゆる胃腸のはたらき。栄養吸収のかなめ。

この二つが弱っているのが原因です。

では、対策は?

よくかんで食べる。消化によいものを食べる。
漢方 加味帰脾湯

脾を強くするには、胃腸の負担をへらしてあげること。

こってり洋食よりも、あっさり和食を。

激辛や、乳製品、油ものは少なめに。

どうしても食べたいときは、がまんせず、一口30回噛んで食べる。

がまんすると、心がつらくなりますよね。

心がつらいのも、エネルギー不足の原因になりますから。

ようは、自分がハッピーでいながら、おいしく食べる!です。

カラーパンクチャー(ドイツ発祥、色の鍼)では、赤は生命エネルギーの色。

元気をアップさせたり、活力を与えてくれる色。

「いちご」の赤は、血液の色。目から元気もらえます。

そして、栄養的にも胃腸にやさしい。

春が待ち遠しいですね。

(あ、今は年中食べれますけどね)

 

次は、2)食べ過ぎタイプの不眠です。

 

お電話で料金やメニュー等に関するご質問やご相談はこちらからお気軽にどうぞ。

お問合せフォームはこちらから

アクセスマップ

営業日・営業時間

10~19時(最終受付17時)土・日・祝 月2回営業します。ハミングは女性専門・完全個室・完全予約制です。必ず事前のご予約をお願いいたします。
予約空き状況  ◎たくさん △わずか ★予約終了

Facebook

Facebook